屋内と屋外がある供養形態|家族も自分も安心する墓石の価格をチェック|一生涯安心感
数珠

家族も自分も安心する墓石の価格をチェック|一生涯安心感

屋内と屋外がある供養形態

墓

永代供養といっても、どのお寺や霊園を選ぶかで供養の仕方が異なるでしょう。
そのため、永代供養を行う際にはどういった方法で供養が行なわれるのか予め知っておくことが大切です。永代供養の供養形態としては、屋内型と屋外型があります。屋内型の場合には、霊をまつる霊廟型やロッカー型などの種類があり、ご家族でどのタイプがいいか選択していきます。
そして屋外型の場合には、納骨壇型や納骨塔型などの種類があり、外からでもお墓が見えるようになっているのが特徴です。屋外型でも、どの種類を選ぶかによって骨を他人のものと集めて埋葬するのか、それとも一人ひとり分けて埋葬するのかが異なります。

永代供養の形態には、屋内型と屋外型以外にも墓石型というのがあります。墓石型は、一般的なお墓のように決められた期間はお墓で供養し、一定期間が過ぎると他人の骨と一緒に供養するというのが墓石型の特徴です。墓石型の場合には一般的なお墓と似ていますので、どんな感じなのかイメージしやすいかもしれません。
このように永代供養には、供養形態が複数あります。
東京にて永代供養を考えている人は、東京の業者と話し合いを行った上で決めていくことが最適でしょう。業者に聞くことで、疑問点を早急に解決していくことができますので、馴染みのない永代供養でも安心して利用できるといえます。
東京の業者によっても永代供養についての知識には差がありますので、永代供養の実績がある東京の業者にて相談することが大切です。